ハワイでホームページ制作

ハワイでホームページを制作するなら、Contents Hawaiiにお任せください。
Wordpress、検索エンジン最適化、SNSとの統合、ショッピングカートやMLSの組み込みなど、クライアントのニーズにお応えします。

WordPressでホームページ制作

ハワイの企業のウェブサイトでは、WordPressの様な、コンテンツ マネジメント システム (CMS = Contents Management System)を使ってウェブサイトを制作する事例が増えています。
WordPressの場合、既存のテーマに加え、御社専用のオリジナルのテーマを使った、ウェブサイトを作成します。もちろんレスポンシブデザインやSEOも施します。
その他のCMSについてはお問い合わせ下さい。

Wordpressでハワイのホームページ制作

検索エンジン最適化(SEO)を施す

検索結果に表示されないホームページは存在しないのと同じです。「ハワイ+商品名」の様な、あらかじめ設定したキーワードの検索結果で上位表示される様にする技術が検索エンジン最適化 (SEO: Search Engine Optimization)です。
弊社では、御社サイト全体にSEOを施したホームページを制作するだけでなく、個別の商品やサービスを紹介する各ページにもSEOを施します。

>> 詳しくはハワイでSEOのページ

SNSと連携したホームページを作成

ウェブサイトでへの集客を増やすためには、SNSとの連携は欠かせません。ブログ記事のFacebookやTwitterへの自動投稿、Instagram フィードのホームページでへの取り込み、Facebook タイムラインからウェブサイトでへの誘導などが可能です。
もちろん、SNSからのホームページへの誘導だけでなく、ハワイならではのインスタ映えする写真が多く追加れることにより、ウェブサイト自体が華やかになる効果もあります。

SNSと連携したハワイのホームページを作成

ショッピングカートを組み込んだホームページ制作

ウェブサイト上で、商品の販売をお考えの場合は、ショッピングカート システムの導入をお勧めします。
現在、アメリカの通販ビジネスでは、ショッピングカート サービスを自社のホームページに組み込んで運営するスタイルが主流となっています。
弊社では、アメリカのショッピングカートサービスを日本語化し、御社向けにカスタマイズしたウェブサイトを制作しております。
もちろん、ショッピングカート サービスを英語のまま利用する事も可能です。

MLS/IDXの組み込んだホームページを制作

不動産売買の場合は、サイトにアメリカの不動産業で一般的に使われている、MLS (Multiple Listing Service)をIDX (Internet Data Exchange)サービスを利用して組み込むのがおすすめです。MLSを組み込めば、市場に出ている全ての物件を、検索絞り込み表示可能です。MLSは各州の不動産協会が作成しており、全ての州についてMLSのウェブサイトへの組み込みが可能です。もちろん、ハワイについても地元の不動産団体がハワイ州のMLSを公開しています。
また、プラグインやJava Scriptを利用して、多くの部分を日本語化することもできます。

ハワイのMLS/IDXの組み込んだウェブサイト

レスポンシブデザインに対応したウェブサイト

一つのウェブサイトをスマートフォン、タブレット、コンピューターなどの複数のデバイスで適切に表示される様に制作されたデザインをレスポンシブデザインといいます。
弊社では、基本的にレスポンスデザインを施したウェブサイトを制作させていただきます。
人気のWordPressのカスタムテーマを、レスポンシブデザインで制作する事も可能です。

多言語対応したホームページを制作

日本語と英語、2ヶ国語への対応はもとより、ハワイ、アメリカならではの多言語に対応したウェブサイトを制作致します。

(日本語と英語以外の言語については、クライアント側から追加言語テキストを提出していただく必要があります。)

ホームページの制作費用

新規ホームページ制作

  • CMSを使わないウェブサイトの場合  $2,000より
  • CMSを使うウェブサイトの場合    $2,500より

検索エンジン最適化

  • 新規ウェブサイトの制作を伴う場合    1ページあたり$50より
  • 既存のウェブサイトにSEOを施す場合   1ページあたり$100より

ショッピングカートシステム制作

  • アメリカのショッピングカート組み込み $2,000より
  • 日本語・英語のショッピングカート $2,500より