人間が、目と頭だけで直感的に数えられるのは7つまでだそうです。8つ以上は、たくさんという認識になります。
日本の神々を示す八百万の神は、8 millionの神々ではなく、たくさんの神々を意味します。スサノウの尊が退治した八岐大蛇は、たくさんの頭を持つ大蛇という意味です。

このことを踏まえると、ホームページのメニュー構成を考える場合、大きく7つ以下に分類する事が望ましいです。

さらに、ユーザーの直感的な判断を支援するためには、メニューを5つ以下の分類にする事をお勧めします。


Site Structure-01

サイト全体のページとメニュー構成を考える場合、以下の様な手順を踏むのが良いでしょう。

  1. 全てのページを書き出す
  2. 書き出したページを5つ程度のグループに分ける。
  3. グループ分けしたページが5ページ以上になる場合、
    さらにそのグループを5つ以下のサブカテゴリーにグループ分けする

また、トップページから、2クリック以内で、目的のコンテンツに到達出来る事が望ましいとされています。
深くなりすぎない様、大カテゴリー、中カテゴリー、個別ページと3階層以下になる様に、グループ分けをしましょう。

SEOは何か一つのことをすれば良いというものではありません。いくつかの作業の組み合わせで始めて効果がでてきます。検索順位を上げるために必要な事を簡単に解説します。

適切なキーワード

SEOを施す場合、最も大切なことはキーワードの設定です。見込み客が検索しそうなキーワードをピックアップし、過去の検索履歴を見ながら、最も効果が高いキーワードを設定します。

大キーワード

ウェブサイト全体で狙うキーワード=サイトのテーマを設定します。キーワードは2〜3の単語からなります。
例えば、ハワイのブライダル系企業であれば、ハワイ+ウエディング等をウェブサイト全体で狙うキーワードにします。ウェブサイト全体で狙うキーワードは全てのページに入ります。
可能であれば、ウェブサイトのタイトルにも入っている事が望ましいです。

ページ毎のキーワード

サイト全体で狙うキーワードに加え、ページ毎にキーワードを設定します。ページ毎に設定したキーワードで各ページを最適化します。各ページが適切に最適されていれば、見込み客を検索エンジンから個別のページに直接誘導する事が出来、成約率(コンバージョン)が上がります。

十分なコンテンツ

一般的に、ウェブサイトのテーマに沿ったページ数が多いサイトほど、評価が高くなり、上位表示される様になります。徐々に追加していっても構わないので、最終的に50ページを超えるページ数があると、上位を狙いやすくなります。

ウェブサイトの構成

ウエブサイトの構成は狭く深く作るのでは無く、広く浅い階層構造に作成して下さい。一般的には2クリック程度で目的のコンテンツに辿りつける様な構成である事が望ましいです。

サイトの履歴

ドメイン名を所得し、サイトを立ち上げてからの期間が長いウェブサイトほど、評価が高くなる傾向があります。検索エンジン側で、長く続いている=有益な情報が掲載されている可能性が高いと判断している様です。
実際のサービス提供が先であったとしても、なるべく早い時期にウエブサイトを立ち上げる事をお勧めします。

外部リンク

外部からのリンク数が多いほど、検索エンジンからの評価は高くなります。
また、著名なサイトからのリンクは、通常のリンクより高い評価となります。
可能な限り外部からのリンクを増やしましょう。
また、リンクのテキストにも注意が必要です。少なく共ウェブサイト全体で狙う大キーワードがリンクテキストに含まれていることが望ましいです。
先方に単にリンクを依頼するのでは無く、どの様にリンクして欲しいかまで指定する必要があります。
リンク用テキストやバナーを数パターン用意しておいて、先方に選択して貰う様にするのが良いかもしれません。

2種類の検索キーワード

SEOを考える際、設定する検索キーワードは大きく2種類あります。

  1. サイト全体で狙う大キーワード
  2. ページ毎に設定する小キーワード

です。

サイト全体で狙う大キーワード

サイトのテーマに合致するキーワードをいくつかピックアップし、検索頻度をチェックします。

検索頻度のチェックにはGoogle Adwordのキーワードプランナーを使います。
キーワードプランナーの利用には、Google Adwordsのアカウントを作る必要があります。

https://adwords.google.co.jp

2-3のキーワードを組み合わせて、サイト全体で狙う大キーワードを決めます。

例:ハワイで結婚式を販売する場合=ハワイ+ウエディング や ハワイ+挙式を大キーワードに設定します。

地域の指定と絞り込み

提供しているサービスや商品が、地域と深く関わっている場合は、指定無し>アメリカ>ハワイ>オアフ>ホノルルと、キーワード内の地域を絞り込む毎に検索対象となるサイトが減っていきます。
このため、検索結果で上位表示されやすくなります。また、成約につながり易い、見込み客をピンポイントで集める事が出来ます。

例:アメリカ+公認会計士より、ホノルル+公認会計士の方が、検索結果で上位表示されやすく、見込み客を獲得しやすい。

ドメイン名

ドメイン名をまだ取得していない場合は、大キーワードをドメイン名に組み込む事が望ましいです。

例:ホノルル+マッサージの場合、honolulu-massage.comが望ましい。

ページ毎に設定する小キーワード

また、サイト全体で狙う大キーワード以外に、ページ毎に、個別の検索キーワードを設定します。

小キーワードは元々、競合が少なく、適切な最適化をすれば、小キーワードの検索結果でも、上位表示される様になります。