SNS広告を使ったマーケティング

世界最大のSNS、フェイスブックやその子会社インスタグラムのタイムラインに表示される広告は、地域、年齢、性別に加え、属性による絞り込みをした上で非常に多くのユーザーにリーチできる媒体です。
新商品、新サービスの紹介や、販促キャンペーンの際には有用なツールです。

Facebook

Facebookのタイムラインに表示される広告は、非常に強力で、コストパフォーマンスが良い広告です。

基本的に、投稿記事を作成し、その記事を、指定した国やエリア、性別、年齢、興味がある事柄などを絞り込んだユーザーに向けて配信します。通常広告より、ターゲットを絞り込んでいる分、成約率が高くなります。

Instagram

Instagramは、現在Facebookの子会社です。Instagramの広告は、Facebookと同様に、絞り込んだ層に配信することが可能です。

Twitter

あまり関係のない広告を目にすることが多いですね。広告効果は他のSNSに比べると、少し弱い様に見えます。

YouTube

提供する商品やサービスによっては、動画での解説が望ましいことがあります。

動画から自社のウェブサイトに誘導することが望ましいですね。

Pinterest

主にデザインやライフスタイル系で使われることの多いSNSがPinterestです。
Facebookに近く、興味のあるテーマを元に広告することが可能です。

アメブロ

ブログをアメブロに掲載することはあまりオススメしません。

  • 自社のウェブサイトの評価には影響しない
  • コンテンツの自由度が低い
  • ある日突然使えなくなる可能性がある。

自社ウエブサイトに掲載したブログ記事の抜粋をアメブロに掲載し、アメブロから自社ウェブサイトに誘導する様にすることが望ましいです。

Google My Business

Googleでの検索結果を制御するのが、Google My Businessです。
検索結果で表示される、業務内容、ウェブサイト、電話番号、営業時間などをコントロールすれば、適切に顧客を誘導することが可能となります。顧客による評価も重要です。

多言語対応は少し時間がかかる作業となります。

Yelp

主にレストランの格付けでつかわれることの多いYelp、評判が悪い場合はもろに集客に影響します。