SNSを使ったマーケティング

今回はSNSを使ったマーケティングについて、考えたいと思います。
2018年5月現在のアメリカ各SNSの月間アクティブユーザー数は上の様になっています。

SNSを使ったマーケティングを考える場合、とりあえずは、Facebook、Instagram、Twitterあたりは押さえておきたいですね。

Facebook

Facebookだと、1)まずはビジネスページを制作し、2)そこにユーザーを誘導、3)商品やサービスの紹介テキストや写真や動画などでプロモートが基本になります。

加えて、制作したポストを居住地、性別、年齢、興味の対象などで絞り込んだ不特定多数のFacebookユーザーに対し、広告を打つことも可能です。

https://business.facebook.com

Instagram

Instagramは写真やビデオを共有するSNSです。ハッシュタグで検索し、興味のあるテーマを探します。若年層のユーザーが多い様です。

Instagramだと、1)ビジネスアカウントを制作、2)関連するユーザーをフォロー、3)写真やビデオをポストしハッシュタグで誘導、4)商品やサービスをプロモートする流れとなります。

InstagramはFacebookの子会社です。Facebook同様、居住地、性別、年齢、興味の対象などで絞り込んだ不特定多数のユーザーに対し、広告を打つことも可能です。

https://business.instagram.com

Twitter

Twitterはもともと140文字以内のテキストをつぶやくSNSでした。
現在は、テキストだけでなく写真、ビデオも共有できます。
2017年末の時点で、英語やヨーロッパ系言語では280文字まで書ける様になった様です。

Twitterでも、1)ビジネスアカウントを制作、2)関連するユーザーをフォロー、3)商品やサービスをつぶやいてプロモーションという流れになります。

https://business.twitter.com

Pinterest

最後にPinterestですが、デザインの良いプロダクトや、シズル感のある料理などとの相性が良い様です。Googleの画像検索でも、上位に表示されることが多くなっています。デザイン系のユーザーが多い様です。

他と同様、1)ビジネスアカウントを制作、2)関連するユーザーやボードをフォロー、3)商品写真をボードに追加してプロモーションという流れです。

InstagramもFacebookやInstagramと同様、興味のある分野、キーワード、顧客グループによる広告が可能です。

https://business.pinterest.com

複数のSNSの連携

SNSを個別にアップデートしようとすると、結構な手間暇がかかります。
オススメは、一つ主にアップデートするSNSを決め、そこを更新すると、自動的に他のSNSに記事が配信される様に設定することです。

正しく設定すれば、例えば、instagramに写真をアップすると、FacebookとTwitterのタイムラインに自動的に写真がアップされるようになります。

自社のウェブサイトやブログと連携することも可能です。

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です