_e関数の使い方

_e関数はphpの国際化対応の為の翻訳機能です。
<?php _e( ‘Some text to translate and display.’, ‘ textdomain’ ); ?>

wp-content>themes>テーマ名>language内に対訳ファイルを用意しておき、
’Some text to translate and display’部分に対応する訳を、
textdomainで指定されたテーマの対訳ファイル内から見つけ出し、表示します。

<?php _e( ‘Hello’, ‘ twentyeleven ); ?>の場合、テーマ”twentyeleven”のlanguageフォルダ内twentyeleven.potから、ロケールに指定されている対訳を探し出し、表示します。

textdomainはfunction.php内で定義されています。
load_theme_textdomain( ‘twentyeleven’, get_template_directory() . ‘/languages’ );

対訳ファイルは、Poeditなどで編集可能です。

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です