紙と名刺のサイズ

用紙のサイズ

アメリカと日本では、通常用いられる紙のサイズが異なります。
日本では通常A4(210 x 297mm)の用紙が用いられます。
これがアメリカではレターサイズ(8.5 x 11.0 インチ = 215.9 x 279mm)という用紙が使われます。
A4に較べるとヨコが長く、タテが短い用紙です。

2穴パンチ、3穴パンチ

2穴パンチの穴の間隔も日米では異なります。
日本は80mmが一般的ですが、アメリカは2.75インチ=約70mmとなります。

アメリカは3穴パンチも普及しています。
こちらは4.25インチ=約108mm間隔で、レターサイズの紙の上、中央、下に3つの穴を開けます。

名刺のサイズ

因みに名刺のサイズはどうでしょう?
日本は91x 55mmが標準です。対して、アメリカは3.5 x 2.0 インチ = 88.9 x 50.8 mmが標準で一回り小さくなっています。

アメリカの名刺入れや財布には、日本の名刺が入らない事があるので、ご注意ください。

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です