メニューの数

人間が、目と頭だけで直感的に数えられるのは7つまでだそうです。8つ以上は、たくさんという認識になります。
日本の神々を示す八百万の神は、8 millionの神々ではなく、たくさんの神々を意味します。スサノウの尊が退治した八岐大蛇は、たくさんの頭を持つ大蛇という意味です。

このことを踏まえると、ホームページのメニュー構成を考える場合、大きく7つ以下に分類する事が望ましいです。

さらに、ユーザーの直感的な判断を支援するためには、メニューを5つ以下の分類にする事をお勧めします。


Site Structure-01

サイト全体のページとメニュー構成を考える場合、以下の様な手順を踏むのが良いでしょう。

  1. 全てのページを書き出す
  2. 書き出したページを5つ程度のグループに分ける。
  3. グループ分けしたページが5ページ以上になる場合、
    さらにそのグループを5つ以下のサブカテゴリーにグループ分けする

また、トップページから、2クリック以内で、目的のコンテンツに到達出来る事が望ましいとされています。
深くなりすぎない様、大カテゴリー、中カテゴリー、個別ページと3階層以下になる様に、グループ分けをしましょう。

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です