ウェブフォントは、ホームページを表示する際に、ユーザーのコンピューターに、その都度フォントをダウンロードして表示する技術です。

英語フォント

英語フォントの場合は、
Googleが提供しているGoogle Fonts
http://www.google.com/fonts
Adobeが提供しているType Kit
http://typekit.com
などのサービスにより、普及しだしています。

日本語フォント

一方日本語フォントは、英語フォントに較べ、文字数が多く、制作にコストがかります。また、データ量が増えるため、ダウンロードに時間がかかります。
無料やそれに近いサービスがほとんど無いので、なかなか普及に時間がかかるかもしれません。

JapanSans(無料)
M+ Outline Fonts(無料)
FONT PLUS(有料)

英語(アルファベット)表記の多いページでは、期待通りのフォントを使えます。
必要に応じて導入するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です